英語学習は要領が全て!高校生・社会人のためのおすすめ英語勉強法

社会人におすすめ!英語の参考書ならこの1冊で十分

 

 

 

時間の限られた社会人の方におすすめの参考書をご紹介します。学びたい分野でそれぞれの参考書を挙げますから参考にしてください。まずは単語から。

 

単語を学びたい人にはZ会が出している「速読英単語・必修編」がおすすめです。英語は文章の中で理解しなければなりません。一問一答形式で覚えるのもいいのですが、時間が限られているのなら文章の中で使われる英単語を文章と共に理解してしまうのが一番手っ取り早いと思います。この「速読英単語・必修編」は大学受験で必要なレベルの単語を網羅していて、短い段落の文章構成となっています。その中で使われている単語が赤字で強調されて表示されています。もちろん、赤字以外の単語がわからないということもありますからその点に関しても別途表記されていますので、とてもわかりやすいものになっています。単語の勉強ならこれで決まりです。

 

 

 

 

次に文法の参考書ですが、フォレストや英頻などは有名なのですが私がおすすめするのは、vintageです。いいずな書店から販売されているこのvintageは一定レベルの文法をマスターするのに1冊でおつりが出るほどの内容が書かれており、充実した1冊となっています。また、別冊の問題集をやることで定着と文法項目の復習になり、とても身につくように出来ています。受験生には必ずおすすめしているものですので、社会人の方にもおすすめできる一冊となっています。

 

 

 

 

最後に、総合的に英語をやりたい方におすすめなのは「be 総合英語」です。これまたいいずな書店から発売されている参考書になります。分厚い参考書としてこの一冊があれば、英語の4技能すべてを網羅することが出来ます。ある程度のレベルになってから使用することをおすすめしますが、これを完璧に網羅できれば、英語の検定試験の必要レベルでは合格点を取ることが出来るでしょう。この本のなにがいいのかというと、参考書としては1冊あればいいのですが、自分のレベルに合わせて別冊の問題を選ぶことが出来るということです。これで段階的にレベルアップが可能で、また問題集もレベルに合わせて充実しています。いいずな書店の宣伝みたいになっていますが、新興勢力としてとても内容にこだわりを持っていて毎年読者の意見を取り入れて改定を行っています。ですから、フォレストやネクステなどの有名どころに内容で真っ向勝負を挑んでいるんです。そのため、最近の英語学習者はこちらを選ぶ傾向がとても強く、それに裏打ちされた内容であるということも付け加えておきたいと思います。
ぜひお試しください。

 

社会人の英語の勉強には、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

社会人の独学英語勉強法はこれ!