英語学習は要領が全て!高校生・社会人のためのおすすめ英語勉強法

これいいね!英語の勉強で使えるおすすめ映画は?

これいいね!英語の勉強で使えるおすすめ映画は?

 

 

英語の勉強をするのに映画を見て勉強するという方法があります。今は昔と違って、DVDでさまざまに音声や字幕を変えられるので、とても勉強するのに役立ちます。まず、ストーリーと中身を全て言えるぐらいまで同じ映画を何度も繰り返し見ます。好きな映画ならすぐに覚えられてしまうでしょう。そして、その時はだいたい日本語の字幕を見ながら見ているはずです。ですからストーリーを覚えたら、今度は字幕を英語に変えます。台詞の内容はすでに分かっているわけですから、それを英語で触れてみるわけですね。そして、英語で少しずつ覚えていくわけです。映画の種類にも寄りますが、最初はそんなに台詞の長くないものを選びたいところですが、好きな俳優さんや女優さんであれば覚えるのにそんなに苦労はしないはずです。

 

 

 

 

英語の台詞を覚えていくうちに、あることに気付き始めたら、それはちゃんと映画を使って勉強している証拠になります。そのあることとは、英語の訳と日本語の字幕がだいぶ違っているということです。つくづく翻訳家の人はすごいなと感じてしまうのですが、英語の台詞と映画の場面を組み合わせて字幕を作っているのです。たぶん何度も映画を見て、仕事をしているのだと思いますが、そんな翻訳家の人たちでも同じように何度も見て、場面を抑えて日本語にするという作業をしています。ですから、英語を使える人でも同じようにしているということを抑えておきましょう。英語の台詞がある程度になったら、字幕を消して、音声だけでチャレンジしてみてください。台詞を言えてしまえば勉強は終了です。

 

 

 

 

一応、私のおすすめを記載しておきます。SFが大好きなので、両方とも昔の映画になってしまいますが、まずは「E.T」です。大人の方なら知らない人はいない映画だと思いますが、英語自体がそんなに長くなく、印象的な場面も多彩で覚えやすい作品で、英語の勉強をするのには良い映画だと思います。ただ、途中にちょっと幼児英語が混じっているので、その辺は無視していいかと思います。2つ目は、「インディペンデンス・デイ」です。英語で独立記念日を表していますが、この映画を見て初めてこの意味を知りました。もろにSFなので、好き嫌いはあるかもしれませんが、人類が反撃するときの大統領がパイロットたちを鼓舞する名台詞はすべて覚えています。台詞の抑揚と強弱、なによりかっこよすぎて、何度もそこだけ見て覚えてしまったほどです。これを書いていて思い出し身震いしてしまいました。

 

映画は勉強法として使えるツールですから、時間を使えるのであれば、趣味の傍ら勉強法の一つとして使ってみてはいかがでしょうか。

 

また、英語の勉強には下記の記事も参考にしてはいかがでしょうか。

 

 

社会人になって勉強して英語が苦手なんてことはない!