英語学習は要領が全て!高校生・社会人のためのおすすめ英語勉強法

分かりやすい?社会人のための英語文法勉強法!

分かりやすい?社会人のための英語文法勉強法!

 

 

英語を学習するのに避けては通れないのが、文法ですね。数多くの人たちが英語を勉強していて挫折した原因が文法にあることはよく知られています。しかし、文法がしっかりとした英語であると、話をしたときにそれがよく会話の中に表れます。筆者も外人と英語で話をしているときに、「英語をしっかりと勉強しているね」と言われてびっくりしたことがあります。英語をしっかりと勉強するというのは、話せるということではなく、話の中での文法がしっかりとしているという意味なんです。やはり文法は大事ですね。

 

 

 

 

社会人で改めて英語の文法を学ぶ人は、大学に行かれた方であれば大学受験のときに使った参考書があればベストですが、なければ書店で思い出しながらもう一度購入してください。受験の時を思い出すと、意外と勉強できます。強制的な勉強ではありませんから、勉強が捗りますからね。受験をしていない人は、書店に行くと売れ筋の文法書が並んでいますから、イラストとか読みやすさ、見やすさで1冊購入してください。
正直、参考書の内容はどれも変わりません。大事なのは最初の印象だけです。それが用意できたら、参考書に書かれている通りにやっていくだけです。その際、文法を説明してある例文の単語がわからなければ調べておきましょう。そこから単語を覚えるのも一つの勉強法です。各項目の問題をすべて出来るようになるまで何度も解き続けます。そうすると自分がどこが出来て、どこが出来ないのかがはっきりと見えてきます。そうしたら映像を見たり、人に聞いたりして問題を解決しましょう。全部出来たら、次の単元に進みます。英語の文法は進んでいくと前に学習した事柄が関連してきますから、あの参考書に書かれている順番はとても重要なんです。

 

 

 

 

英語の基本の文法は五文型ですからそこから始めて、最後は仮定法。これを一通り勉強が終われば、文法は完成したことになります。文法を勉強するのに大事なのは、あきらめないことです。日本語の中にも文法があるように英語にも存在する。そして、それがわかるようになると英語自体の勉強が楽しくなりますし、毎日の勉強が苦になりません。

 

文法の勉強法は特にこれといったものはありません。1冊を徹底的にやり、わからないところをピックアップして埋めていく。新しいものは特にやる必要はありません。一つ一つ丁寧にが一番の近道です。どうしてもわからないところは、インターネットの動画サービスを利用しましょう。社会人なら一日30分の時間をかけて続けていきましょう。

 

社会人のための英語勉強には、次の記事も見て参考にしてみてくださいね。

 

 

【実施したい!】社会人の独学英語勉強法はこれ!