英語学習は要領が全て!高校生・社会人のためのおすすめ英語勉強法

知っておきたい!社会人になってからの英語やり直し勉強法

知っておきたい!社会人になってからの英語やり直し勉強法

 

 

仕事をするようになってどうしても英語が必要になったとか、英語の資格があると給料がアップするなど理由はさまざまかもしれませんが、英語の勉強をやり直したいと考えている人が最近は増えています。特に会話のスキルがほしい方は多いと思いますが、まずはどのように勉強を再スタートしたらいいのかということを主眼として考え、ゆっくりと始めていくことです。さて、どのような勉強方法なら時間を有効的に使えて効率的なのかをご紹介します。

 

やはり仕事をしていると、一番の問題は時間の使い方かと思います。ただ勉強はいかに短時間で集中して行うかということが重要になってきます。だらだらとやっても意味がありません。仕事と同じですね。ですから、まずは30分を目安に考えてください。その日の気分や体調で時間を延ばしていくというスタンスですね。ですから一日の生活の中で30分確実に確保してください。最初は、英語の音楽を聴くという程度でかまいません。ただ聞くだけです。やり直すということは大変なことです。その気持ちを大事にしながら無理のない環境で始めてください。

 

 

 

 

一日の中で英語の勉強をすることに慣れてきたら、せっかくなので結果を出せるものにチャレンジしていく方がモチベーションにもつながりますし、それが今後有効活用出来るかもしれません。英検であれば3級からスピーキングもライティングも試験内容として入っていますし、合格か不合格かはっきりとわかるのでお勧めです。どこが出来ていなかったのかもはっきりとわかるため、次の機会への勉強にもつながりますし、検定試験の中で公式的にも値段がお手頃ということでやり直しをされている方にはもってこいかと思います。TOEICになると社会人だと730点ぐらいが必要だと言われていますが、730点はやり直しをされている人には、ハードルが高いのでちょっと最初の段階ではお勧めはしません。英語の勉強に抵抗がなくなったらこちらにチャレンジしてみてください。

 

勉強の段階としては、まず音楽などで慣れること。そして、そこから検定用の単語や文法書を購入し一つずつきりが良い所まで進めていく。ただこれだけです。いきなり気合い入れてたくさんの参考書などを購入しないことです。そんなに短時間でやり直せたら、社会人の人たちはみんな英語を話せてしまいます。ゆっくりと時間をかけて、負担のないようにコツコツとやっていくことが大事です。がんばりましょう。

 

社会人の人のための英語学習なら、下記の記事も見てくださいね。

 

 

分かりやすい?社会人のための英語文法勉強法!