英語学習は要領が全て!高校生・社会人のためのおすすめ英語勉強法

これならどう?社会人になって勉強して英語が苦手なんてことはない!

これならどう?社会人になって勉強して英語が苦手なんてことはない!

 

 

だれしもが英語を学校で勉強し、少なからず好きとか嫌いといった感情が出たことは覚えていますでしょうか。中学や高校で英語の勉強をしていて、嫌いになったり苦手になったりした原因はさまざまです。英語の先生が嫌いだったという理由で、英語が苦手になったという人もいるぐらいです。ただ、社会人になって苦手な英語を勉強するということは、英語が必要になったということですよね。英語を勉強しなければならない事情が発生したということは絶対にやらなければいけませんね。苦手なものを学習する際に重要なのは気持です。ましてや社会人になってから勉強というのはなかなか出来るものではありません。苦手意識は人によってさまざまですが、それをポジティブに捉えると、勉強しようとしたけど出来なかったという裏返しです。どうでもよければ苦手とは言いません。やらなければいいだけなので。

 

 

 

 

さて、苦手な人たちにおすすめな勉強法を紹介します。まず、最初に苦手になった原因を思い出すことから始めてください。具体的にです。先生が嫌いだった、単語が覚えられなかった、文法が出来なかったなど原因を探ります。次に、苦手な原因を発見したら、英語で出来たことはなかったかを思い出してください。単語は出来たけど文法がだめとか、意外と日本語に訳すことは出来たとか、そんな感じでかまいません。勉強をスタートするときはその出来たことから始めてください。苦手なものは後回しです。もちろん最終的にはやらなければなりませんが、社会人になってから取り組むのと感覚は全然違います。英語を勉強するのに長い時間を一日の中でかけられませんし、意欲も違います。少しでも出来るところからスタートして、声に出して読むことを徹底してください。英語に関してなかなか声に出して読むという習慣はありませんし、英語に対しての意識を変えるきっかけにもなります。これを一カ月ほど続けられたら第一段階が終了です。

 

1カ月毎日出来るのであれば、苦手ではありませんから!

 

 

 

 

継続して出来たら、そこから次のステップで苦手だった分野にチャレンジです。その際も必ず声に出して読むということは忘れずに行ってください。英語の勉強において音読は要です。これを忘れると、英語の勉強が進みません。単語・熟語・文法のローテーションを守り、一日の中で一つずつクリアしていく。全部を毎日とは言いません。そんな時間もないでしょうし、仕事の疲れを癒すための遊ぶ時間も重要です。あまり気負わず、音読だけでも毎日行って、英語に対しての耐性を変えていきましょう。

 

社会人になってからの勉強は大変ですが、下記の記事も参考までに見てくださいね。

 

 

知っておきたい!社会人になってからの英語やり直し勉強法