英語学習は要領が全て!高校生・社会人のためのおすすめ英語勉強法

効果あり?英語独学のすすめ!大学受験のおすすめ参考書は?

効果あり?英語独学のすすめ!大学受験のおすすめ参考書は?

 

 

英語の大学受験用の参考書はさまざまにあります。正直、各分野の参考書をしっかりとこなせれば予備校や塾に行かなくても英語は十分に網羅できます。もちろんわからないことが出てきたときにはそれなりの対応は必要になってしまいますが、分からない部分が自分でわかるということは受験勉強においてとても重要でかつ勉強が進んでいる証拠でもあります。ここでは、大学受験に必要な知識を教えてくれる英語の参考書をお勧めします。

 

大学受験英語でまずは単語の勉強です。単語に関しては、あるだけの単語帳を全部やっても足りないのが現状です。ですから、時間があったら単語というような考え方で肌身離さず持ち歩くことをお勧めします。さて、私がお勧めするのは、一問一答形式ならやはりターゲットです。受験に必要な最低レベルなら「ターゲット1900」になります。これなら必要な単語とそれを使った例文と熟語まで網羅されていますので、隅々まで見られればとても参考になることでしょう。文章形式ならやはり「速読英単語・必修編」です。これはぜひ独学の方にはやっていただきたい本で、長文対策にもなりますので、文章の中での訳し方を学ぶことが出来ます。直訳ではうまく訳すことができない難解な長文もありますので、それのトレーニングになりとても有効的です。

 

 

 

 

次に文法です。文法は長文を見るときのベースにもなりますし、純粋に文法問題を解くためにも必要です。文法の参考書なら独学の方には、「ロイヤル英文法」をお勧めします。この本の中には全ての文法事項が書かれています。これを抑えてしまえば、大学受験において必要な知識はすべて完成します。あとはそれを実践するため、適当な問題集を解けば充分です。「ロイヤル英文法」は細かな部分まで書かれているため、量的には多いと思いますが、わからないことも含めて解決してくれますので、独学の方には必須かと思います。
最後は長文対策です。長文と言ってもさまざまにありますが、私がお勧めするのは、「やっておきたい英語長文300」です。簡単に長文と言っても、分野はさまざまです。まず長文対策で重要なのは、英文のテーマが何なのかを知ることです。社会分野なのか科学分野なのか文学なのかそれとも国際関係なのか。この分野対策が英語長文には絶対に必要です。

 

 

 

 

よくあるのは、しっかりと数学の勉強をしていたらその知識が英語の長文で生かすことが出来て、分からない単語もあったけど問題は全部正解することが出来たというようなケースです。歴史の勉強が役に立ったり、国語の現代文が役に立ったり英語は全分野がヒントになるんです。ですからこの参考書をやることで、自分自身の勉強方法も見つかるかもしれません。これが終わったら、次にやるなら「レベル別問題集」ぐらいですかね。解説はとても詳しいので、その点はわかりやすいと思います。ただ量的に少ないので、要点を知るという意味で使ってほしいと思います。

 

参考書はたくさんありますが、これと決めて一冊をしっかりとやりこなすことが独学の大事なポイントです。あれこれ手を出すのはやめましょう。がんばってください。

 

このような記事も大学受験勉強の参考にしてくださいね。

 

【注目!】しっかりした学習計画を立て英語の高得点を取る方法は?