英語学習は要領が全て!高校生・社会人のためのおすすめ英語勉強法

知らないと損する!大学受験の英語勉強法は基本がすべて

知らないと損する!大学受験の英語勉強法は基本がすべて

 

 

大学受験をするにあたって、英語の勉強から逃れることはできません。これからの時代英語を必修と捉えている大学側も、ある程度の知識を持った学生を募集しているからです。さて、大学受験と考えるとかなり英語の勉強が大変だと考えているかもしれませんが、ある程度のレベルになると、受験英語は楽しく思えてくるのです。そこまで行くことができるかどうかです。そのために、英語は基本の繰り返しの勉強に耐えられるかです。基本とは、単語・熟語・文法です。この3つの柱をいかに定着させるかが大学受験英語の合否を決めるといっていいと思います。

 

 

 

 

まずは単語です。

 

単語の勉強法は昔と違ってさまざまな形ですることが出来ます。一番手軽で身近な勉強法としては、スマホのアプリを使って空いた時間に勉強する方法です。「英単語」とアプリを検索するだけで、無料のものから書店で売られている有名な単語帳のアプリまでたくさん出てきます。自分に合ったものを選択することも勉強法の一つです。ただ、単語を見て覚えるというやり方はお勧めしません。必ず、単語を読めるようにすることが必要です。単語を覚えるときは、音読して見て意味も読んでしまう。それでもだめなら書いてみる。だんだんと慣れてくると、発音でスペルも出来るようになっていきますから、根気よく継続してください。次に熟語ですが、単語と同様に音読して覚えていきます。ある程度単語を覚えている状態でないと熟語は厳しいので、単語を優先してやって自分の中で出来るようになった実感が出てきたら熟語に移っていきましょう。熟語も単語の意味でいけてしまうものも7割ほどありますから。

 

 

 

 

最後に文法ですが、文法はこれと決めた参考書を購入、もしくは学校等で配られたもの、昔から持っているものでかまいませんから、1冊を徹底的に繰り返し行ってください。参考書を一周したらまた戻って繰り返す。新しいものはやる必要はありません。ほとんどの参考書に書いてある内容は一緒ですから、徹底的にですよ。そして、苦手なところだけをさらに繰り返す。問題を覚えてしまうぐらいやりこんでください。それが勉強法です。
受験英語は最初ははっきりいってきついかもしれません。しかし、そこを乗り切れたらもちろん合格もありますけど、もっと英語自体を勉強したくなりますし、今度は実際に話してみたいとも思うようになります。受験英語だって十分通じる英語ですから、がんばってください。

 

次のような記事も見てくださいね。

 

 

効果あり?英語独学のすすめ!大学受験のおすすめ参考書は?